NPO法人 全国いじめ被害者の会|学校のいじめとは(1).

全国いじめ被害者の会プレスリリース
12.04.21:韓日 校内暴力の対策の為の協力プロジェクトに、大沢代表が参加
10.12.16:明日17日、文部科学省へ陳情
10.12.12:新潟でいじめ裁判支援、秋田で講演そして文科省大臣への陳情に向けて
10.05.18:衆議院会館会議室にて懇親会
10.03.22:3月23日、日テレ『スッキリ』で全国いじめ被害者の会の取材が放送予定
08.09.16:9月16日、福岡県県庁にて「全国いじめ被害者の会」NPO結成記者会見
07.12.10:北海道北広島市立東部中いじめ不登校問題で会代表が北海道へ
07.11.26:京都府議会に大澤代表が出席
07.07.07:7月7日(土)と8日(日曜)、広島でいじめ問題の講演を行ないます。
07.04.29:名古屋いじめシンポジウム出演
07.03.31:各県教育委員会への『安全配慮義務の徹底』申し入れ書提出日程

取材報道
08.09.15:【角川WEBマガジン】に、大澤秀明会代表へのインタビュー記事が掲載されました。
07.08.09:新BSディベート「いじめとどう闘うか」 被害者の会代表が出演
毎日新聞 岐阜講演08.01.22
京都新聞電子版 07.11.26
産経新聞WEB 07.07.03
[動画]日テレNEWS24
[動画]リアルタイム西日本放送
福島中央テレビ
07.03.16:共産党HPに記載頂きました。
[動画]IBC岩手放送
いじめ自殺を止めろ~インターネットラジオで緊急生放送
他大変多数取材協力頂いております。リンク張れず申し訳有りません。 これからも全国のお子さんの為にご協力の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

全国いじめ被害者の会	ご案内
財団法人 大阪府人権協会
大澤代表インタビュー

10.06.07:講演先からの多数の暖かいお便りが届いています。
07.05.03:いじめ深刻化を食い止める”安全配慮義務徹底”署名のお願い
07.04.02:大澤秀明代表ご案内
ご紹介

内申書廃止を![いじめ駆け込み寺 いじめに負けない!]


柚子 夏香さんのホームページ

長野県丸子実業高校一年生、高山裕太君の自殺事件


▼ リンクをお願いします ▼
バナー画像
全国いじめ被害者の会

YAHOOカテゴリ
トップ > 教育 > 小中高 > いじめ、不登校 > 団体
NPO法人 全国いじめ被害者の会  2006年10月29日設立
 1996年福岡県の久留米市で、いじめによって自殺した中学生の息子さんの親御さんである大沢秀明さんが代表を勤める。 会員はいじめ被害を受けている親御さんを中心に全国から500名を超えます。大沢代表は、2007年3月16日の千葉県をはじめとして沖縄県までの全国47都道府県教育委員会対し『安全配慮義務の徹底』と、『いじめ不登校・いじめ自殺根絶』を願う”申し入れ書”の陳情活動を行ないました。本来学校にも課せられているが一般に認知されて居ない『教育現場での安全配慮義務』が徹底され、各地・各学校でしっかりと機能すれば、助かる命・心が多く存在します。 被害者だけでなく加害者側の保護者の知る権利・しつけの機会も守るこの『安全配慮義務』の徹底を願う署名に1人でも多くご協力下さい。いじめ被害者の方、教育改革を望まれる方は、マスコミの皆さんからの注目も集めている『全国いじめ被害者の会』の活動に奮ってご賛同・ご協力の程宜しくお願い致します。
いじめで深刻な状態にある方は、『NPO法人 全国いじめ被害者の会』にご連絡ください。
〒876-0845 大分県佐伯市内町2-30 代表:大澤秀明 電話&FAX: 0972-23-8372 info@izime-higaisha.net
当会では、これまで多額の自費(大澤秀明理事長)を投じて会の活動を行なっております。
皆様からの募金協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
【募金御振込み先】
口座番号:大分銀行 佐伯支店 普通預金 5383636
口座名義:特定非営利活動法人 全国いじめ被害者の会 理事長 大澤秀明
学校のいじめとは(1)
2009年02月05日     
 いじめを考えた時、私の子供の頃は

①「いじめ」はたわいのない「からかい」がほとんどでした。お前の母さんデべソとか、母無し子、はげおやじ、などなど。(からかい)

警察が調べた「いじめ自殺」は内容が違います。

②殴る蹴るの暴行、恐喝、万引き強要、家の金を持ってこさせる、セクハラ、強制わいせつ、強姦。(犯罪)

③秀猛の場合は殴る蹴るの暴行がほとんど、恐喝は30万、金を持って来なかった罰として自慰行為をさせる。

他のいじめ自殺と秀猛のいじめ自殺は類似しています。子供の自殺事件は警察はほとんど事件として調べないので、自殺のほとんどが自己責任になります。
私の子供の頃、学校は①は指導していました。
②は、いじめていた生徒を皆の前で立たせて厳しく叱り措置しました。親を学校に呼びつけたり、来ない家庭に出向いて厳重注意して、しっかり躾るように言っていました。親が聞かなければ犯罪だから警察に届けました。秀猛の警察の調書に一覧表がありました。
そこには「いじめ一覧表」と書かれていました。中身が③です。ほぼ②と同じです。
警察が調べた平均的な「いじめ自殺」です。文部科学省が発表するいじめ自殺は①です。
しかしいじめ自殺者は②、秀猛は暴力は執拗な恐喝、屈辱的な性的辱めから逃れるために自殺しました。こう考えていくと文部化学省の1999年~2006年まで7年間いじめ自殺ゼロにしなければならなかったのがわかるような気がします。
文科省が発表するいじめは①が前提だからこそ、命を断ってはなりません、命の尊さと嘘ぶるわけです。もし②であれば死ぬほど苦しめられ、死んだ方がましと思うほどの屈辱を受けていれば、その人に対して命の尊さ、「命を絶ってはなりません」とはなりえないでしょう。実際自殺した人は②、文科省が発表するいじめは①だから「なんでこんな事で子供は自殺するんだろう」と一般の人は思います。
私達家族もそう思ってずいぶん悩みました。秀猛の裁判では、警察が調べた「いじめの証拠」は、いじめた生徒、見ていた生徒の証言できちんと成立しているのに、学校は、というより教育委員会は「いじめ」はいっさい認めませんでした。今現在もそのままです。
城島町の人達は、親の責任、自殺した子供の責任と噂しました。挙句の果ては「保険金欲しさに親が子供を殺した」とさえ噂しました。
交通事故、病気で子供を無くしても親は悲しみます。まして自殺です。子供を無くした悲しみだけでも計り知れないのに、子供の責任にされ、挙句は親の責任と周りで噂され、悩んで苦しんでいるところを教育委員会、国がとどめを刺します。命を絶ってはなりません、命の尊さ。子供が自殺した時2度殺されると言うのはこの部分を指します。
 母親のほとんどは気が狂ったようになります。遺族の母親の共通の話は「今、自分が生きているのが不思議なくらい」と言います。私の妻もそうでした。その時の事を振り返ると、子供を守れなかった自分自身を責め何も手につかず、秀猛の事ばかり考えて、気が付いた時には自殺した水門の前に立っていました。理由を聞いても「ただ、ただ足が向いただけ」と答え、いつ自殺するかわからないので家族はずいぶん心配しました。
 現在のいじめは①と②が一緒です。②は喧嘩にすり変えられ、恐喝は金の貸し借り、性的犯罪はいたずらにすり変えられます。
文科省のいじめ自殺ゼロと同じ考えです。いじめも何も無かったことにすれば先生は楽だし、その元締めの文科省は「良く頑張っている」と評価されると考えたとしか思えません。①や②のいじめがあるのに無かったことにされると困るのは子供達です。今は国全体が困っています。①は指導で済みます。しかし②は犯罪です。措置です。泥棒や恐喝をする人に「そんな事をしたら相手が困るだろう」とか指導しても効き目はありません。警察は犯罪者は捕まえて「処分」するだけです。交通違反者に対しても同じです。切符を切るだけです。罰金、点数の加算、場合によっては行政処分。そこには何の妥協もありません。「悪い」と解ってやっている犯罪者に悪いと解らせるのは無意味だし、もともと解っているからです。
 文科省の安全配慮義務の通達文の最後は裁判の判例を引用して「いじめを防止するには「措置しなければいじめは防止できない」と言い切っています。
秀猛の裁判のほとんどは②の部分で争われました。しかし、焦点は①と②の合いの所。遺書には『入学式の日、後ろの席の下坂が僕を突っついたり蹴ったりした。いいかげんにしろと言ったら・・・』遺書の書き損じには『突っついたり、蹴ったりした。ついにぼくは怒って叩いた』とあります。警察はこの部分を初めのうちは喧嘩の要素が強かったとしています。それはいじめにするには、いじめの定義(いじめの定義はあとで詳しく触れます)にあるように一方的ではなかったからです。しかし、その後も執拗に暴力、暴言、自殺するその日まで追い詰められていきます。秀猛はこの下坂だけは許せなかったのか恐喝の主犯や手下より、遺書には憎んでいるように思えます。
「ずっと泣かされ続けた」秀猛が泣かされ続けたという意味は親がよく言う「あの子には本当に困ったもので泣かされる」と言うような事です。
裁判で弁護士が「どういういじめでしたか?」との質問に担任の田原は「喧嘩でした。秀猛君が睨むから」と答えました。弁護士がすかさず「その前に下坂君が何かしたんじゃないですか?」と聞くと担任の田原は「はい」と答え傍聴席がどっと沸きました。先生はいじめと解らない訳ではなく、いじめと捉えない、文科省がそう決めているのだから先生は素直にそうしたのです。私がもっと驚いたのは「はい」と答えたのが失敗だったと気付いた担任田原は「そんでも1年間過ごすとっやけん、仲ようせんばならんでしょうもん」と仲良くしなさいの指導までしていた事を暴露しました。
文科省の言うとおり教育委員会はじめ先生は忠実にいじめは無かったことにして、仲良くしなさいの指導をしていることが皆にわかりました。秀猛が先生に訴えても「何もしてくれない」それどころか加害者と仲良くしろとは、先生の理不尽さにどんなに秀猛が苦しんだか想像を絶します。
あり金をみんな取られ、手下の最後の金の要求に秀猛は「もうこれで終わりやろ」すがるような思いで言ったら、手下は「わからん」と言い放ったと供述調書に書いてあります。
 今日現在まで、妻、園子は供述調書は1行も読む事が出来ません。(次に続きます)



☆いじめの相談は、代表 大沢秀明が電話、ファックスで直接受けています。希望によっては学校、教育委員会に代理で交渉します。場合によっては、学校、教育委員会、文部科学省、各政党に直談判に行きます。あなたの家に行きます。講演依頼は早めにお願いします。

全国いじめ被害者の会 関連出版物
”いじめは止められる!”わが子を死なせないための「安心の処方箋」「全国いじめ被害者の会」大澤会長著 発行:エビデンス社 発売:創英社・三省堂書店 1575円
「全国いじめ被害者の会」
大澤秀明 著

NPO全国いじめ被害者の会
▼携帯サイト▼
全国の被害者への個別支援活動
10.11.12:いじめで苦しむお子さんの支援の為千葉県旭市へ
07.10.25:鹿児島中学校長セクハラ事件に対して

ネ・イシヤ、ホシ酘・
12.02.21:大分県教育員会へ要望書提出しました
11.12.02:岐阜県・滋賀県教育委員会に要望書提出しました
11.12.01:三重県・愛知県教育委員会に要望書提出しました
11.11.30:和歌山県・奈良県教育委員会に要望書提出しました
11.11.29:岡山県・兵庫県教育委員会に要望書提出しました
11.11.28:山口県・広島県教育委員会へ要望書提出しました
11.11.24:教育委員会に要望書を提出する日程
11.11.02:京都府・大阪府・堺市教育委員会に要望書を提出しました
11.11.01:石川県・福井県教育委員会に要望書を提出しました
11.10.31:新潟県・富山県に要望書提出しました
11.10.28:北海道教育員会に要望書提出しました
11.10.27:秋田県、岩手県、青森県教育委員会に要望書提出しました
11.10.26:宮城県・山形県教育委員会へ要望書提出しました
11.10.26:教育委員会に行く日程
11.10.25:栃木県、福島県教育委員会に要望書を提出しました。
11.10.24:千葉県、埼玉、群馬、教育委員会に要望書提出しました。
11.10.21:文科省、各政党、東京都教育委員会に要望書提出しました
11.10.19:文科省と各政党、教育委員会へ 日程
11.10.18:文科省と各政党に標語提出
11.10.17:文部科学省と各政党に要望書を提出
11.09.30:なぜ伝わらない「いじめの真実」
11.09.29:いじめられているのに「いじめは無かった」
11.09.28:いじめの歴史
11.08.09:文部科学省 と対談
11.08.01:A文部科学省 とB全国いじめ被害者の会の意見の違い 
11.08.01:B 文部科学省 初等中等局 児童生徒課より来たファックスの返信
11.08.01:A 文部科学省 初等中等局 児童生徒課よりファックスが来ました
11.08.01:いじめを無くすための今後の課題
11.03.08:文科省に行き講演の確認といじめを無くす為の話に行きました。
10.05.07:いじめ問題懇談会(国会内集会)のお知らせ
09.12.12:大澤代表、いじめで苦しむ子の為に千葉県へ
09.03.07:文部科学省への要望書08年12月1日
09.02.20:学校でのいじめとは(3)
09.02.14:学校でのいじめとは(2)
09.02.05:学校のいじめとは(1)
09.01.24:日本の学校のいじめは国家犯罪
96.01.22:”息子が受けたいじめと安全配慮義務の必要性” (大澤秀明 会代表)

全国いじめ被害者の会 活動報告
11.02.08:文科省よりお招き頂き、各地のいじめの実情をお伝えしました。
11.01.14:民主党大山議員と、いじめ隠蔽是正、今後の方法論を討議
10.12.17:議事堂内、文科省内にていじめ隠蔽是正の為陳情
10.11.25:民主党 文部科学委員会 大山議員と面談
10.11.12:内閣府大臣政務官 阿久津議員と大澤代表がいじめ問題について面談
10.02.03:2月2・3日、各政党へ
10.01.19:文部科学省、各政党へ会員と共に申し入れ
07.06.06:全国行脚結果を元に再度「安全配慮義務徹底」の申し入れ
07.05.01:沖縄県教育委員会
07.04.27:岡山県教育委員会
07.04.27:広島県教育委員会
07.04.27:山口県教育委員会
07.04.25:鳥取県教育委員会
07.04.25:島根県教育委員会
07.04.24:石川県教育委員会
07.04.24:福井県教育委員会
07.04.24:富山県教育委員会
07.04.23:新潟県教育委員会
07.04.23:長野県教育委員会
07.04.20:北海道教育委員会
07.04.19:青森県教育委員会
07.04.18:岩手県教育委員会
07.04.18:秋田県教育委員会
07.04.17:山形県教育委員会
07.04.17:宮城県教育委員会
07.04.17:福島県教育委員会
07.04.17:群馬県教育委員会
07.04.16:栃木県教育委員会
07.04.13:神奈川県教育委員会
07.04.13:東京都教育委員会
07.04.12:埼玉県教育委員会
07.04.12:山梨県教育委員会
07.04.11:静岡県教育委員会
07.04.11:愛知県教育委員会
07.04.10:岐阜県教育委員会
07.04.10:滋賀県教育委員会
07.04.10:京都府教育委員会
07.04.09:兵庫県教育委員会私学課
07.04.09:兵庫県教育委員会
07.04.09:大阪府教育委員会
07.04.09:堺市教育委員会
07.04.06:三重県教育委員会
07.04.06:和歌山県教育委員会
07.04.06:奈良県教育委員会
07.04.05:徳島県教育委員会
07.04.05:香川県教育委員会
07.04.04:高知県教育委員会
07.04.02:愛媛県教育委員会
07.04.02:鹿児島県教育委員会
07.04.02:宮崎県教育委員会
07.03.19:大分県教育委員会
07.03.19:福岡県教育委員会
07.03.16:茨城県教育委員会
07.03.16:文部科学省申し入れ書提出~各党へ陳情。16日千葉教育委員会へ

WEB/携帯サイト・システム開発なら
nuclear-records.tv 翻訳ボランティア募集
いじめで深刻な状態にある方は、『全国いじめ被害者の会』にご連絡ください。
「全国いじめ被害者の会」〒876-0845 大分県佐伯市内町2-30 代表:大澤秀明 電話&FAX: 0972-23-8372

『全国いじめ被害者の会』は、全国のいじめに苦しむ生徒・保護者の為に、被害者への支援だけでなく、文科省、各政党、各地教育委員会へ、
生徒・保護者の権利を守る為の陳情活動などを、全国のマスコミ・被害者・支援者の方々の暖かいご協力と共に精力的に行なってます。
当サイト掲載の文章及び画像等すべての著作権は、”全国いじめ被害者の会”に帰属し無断転用を硬く禁じます。
  トップページ | 署名のお願い | 安全配慮義務署名PDF | 個人情報の取扱いについて Copyright (C) 2017 IZIME-HIGAISHA.NET All rights reserved.