NPO法人 全国いじめ被害者の会|千葉県、埼玉、群馬、教育委員会に要望書提出しました。.

全国いじめ被害者の会プレスリリース
12.04.21:韓日 校内暴力の対策の為の協力プロジェクトに、大沢代表が参加
10.12.16:明日17日、文部科学省へ陳情
10.12.12:新潟でいじめ裁判支援、秋田で講演そして文科省大臣への陳情に向けて
10.05.18:衆議院会館会議室にて懇親会
10.03.22:3月23日、日テレ『スッキリ』で全国いじめ被害者の会の取材が放送予定
08.09.16:9月16日、福岡県県庁にて「全国いじめ被害者の会」NPO結成記者会見
07.12.10:北海道北広島市立東部中いじめ不登校問題で会代表が北海道へ
07.11.26:京都府議会に大澤代表が出席
07.07.07:7月7日(土)と8日(日曜)、広島でいじめ問題の講演を行ないます。
07.04.29:名古屋いじめシンポジウム出演
07.03.31:各県教育委員会への『安全配慮義務の徹底』申し入れ書提出日程

取材報道
08.09.15:【角川WEBマガジン】に、大澤秀明会代表へのインタビュー記事が掲載されました。
07.08.09:新BSディベート「いじめとどう闘うか」 被害者の会代表が出演
毎日新聞 岐阜講演08.01.22
京都新聞電子版 07.11.26
産経新聞WEB 07.07.03
[動画]日テレNEWS24
[動画]リアルタイム西日本放送
福島中央テレビ
07.03.16:共産党HPに記載頂きました。
[動画]IBC岩手放送
いじめ自殺を止めろ~インターネットラジオで緊急生放送
他大変多数取材協力頂いております。リンク張れず申し訳有りません。 これからも全国のお子さんの為にご協力の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

全国いじめ被害者の会	ご案内
財団法人 大阪府人権協会
大澤代表インタビュー

10.06.07:講演先からの多数の暖かいお便りが届いています。
07.05.03:いじめ深刻化を食い止める”安全配慮義務徹底”署名のお願い
07.04.02:大澤秀明代表ご案内
ご紹介

内申書廃止を![いじめ駆け込み寺 いじめに負けない!]


柚子 夏香さんのホームページ

長野県丸子実業高校一年生、高山裕太君の自殺事件


▼ リンクをお願いします ▼
バナー画像
全国いじめ被害者の会

YAHOOカテゴリ
トップ > 教育 > 小中高 > いじめ、不登校 > 団体
NPO法人 全国いじめ被害者の会  2006年10月29日設立
 1996年福岡県の久留米市で、いじめによって自殺した中学生の息子さんの親御さんである大沢秀明さんが代表を勤める。 会員はいじめ被害を受けている親御さんを中心に全国から500名を超えます。大沢代表は、2007年3月16日の千葉県をはじめとして沖縄県までの全国47都道府県教育委員会対し『安全配慮義務の徹底』と、『いじめ不登校・いじめ自殺根絶』を願う”申し入れ書”の陳情活動を行ないました。本来学校にも課せられているが一般に認知されて居ない『教育現場での安全配慮義務』が徹底され、各地・各学校でしっかりと機能すれば、助かる命・心が多く存在します。 被害者だけでなく加害者側の保護者の知る権利・しつけの機会も守るこの『安全配慮義務』の徹底を願う署名に1人でも多くご協力下さい。いじめ被害者の方、教育改革を望まれる方は、マスコミの皆さんからの注目も集めている『全国いじめ被害者の会』の活動に奮ってご賛同・ご協力の程宜しくお願い致します。
いじめで深刻な状態にある方は、『NPO法人 全国いじめ被害者の会』にご連絡ください。
〒876-0845 大分県佐伯市内町2-30 代表:大澤秀明 電話&FAX: 0972-23-8372 info@izime-higaisha.net
当会では、これまで多額の自費(大澤秀明理事長)を投じて会の活動を行なっております。
皆様からの募金協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
【募金御振込み先】
口座番号:大分銀行 佐伯支店 普通預金 5383636
口座名義:特定非営利活動法人 全国いじめ被害者の会 理事長 大澤秀明
千葉県、埼玉、群馬、教育委員会に要望書提出しました。
2011年10月24日     
千葉県教育委員会 10月24日 10時

 千葉県教育委員会は真剣に話を聞いていただきました。
千葉県には、いじめ被害者の要望で平成21年に柏市、平成22年に旭市と、いじめ問題解決のために学校に行きました。そのことにおいて、遠い大分からかけつけたことに「ありがとうございました」とのお礼の言葉をいただきました。
 標語を職員室に貼ってほしいとの要望にたいし、議会にかけてからという返答でした。
標語は当然の事が書いてあります。講師の義務、学校教育法で定められた「教師は児童生徒に教育をつかさどる」教育とは、知識、技能だけでなく社会人として人間の形成。「人格、模範になる」つまり、「知識と技能」「社会人としての人間形成」の両輪で成り立っている。今現在の学校では、加害生徒に対して社会人の人間形成が何もされていない。いじめがあっても、暴力的いじめは喧嘩にすり替わり、死ね、うざいなどの言葉のいじめはトラブル。
そこには、『いじめ』は存在しないことになります。「いじめは無かった」ことになる。息子の裁判の認定には「教師がいじめをいじめと捉えないために、いじめは深刻になっていった」とあります。教師が故意にいじめと認めないのです。これは、日本全国で同じ判決が出ています。教師が、学校が、いじめは無かったとすれば、どんな優れた学校教育法11,35条も無かったも同然になります。昭和50年半ばから、「いじめは無かった」でごまかしてきました。しかし、今現在、うちの子供がいじめられている。いじめ加害者もA君とその他○○人と訴えても学校は調べてくれない、保護者が厳しく学校に迫ればモンスターとレッテルを張られます。標語を作って、全国民に知らせなければと思ったのは、ここにあります。いじめる加害者がいれば、11,35条を行使する。初歩のいじめであれば、ダメ、許されないことと措置をしてしつける。しかし、それ以前に「調べもしないのは教師失格」加害生徒を普通の生徒に導くためにダメ、許されない事と叱って措置をする。それが「真の教育です」加害生徒を措置して、被害生徒を守る。その教師の姿を見て生徒は教師を信頼する。「信頼関係」教師が気付かなかった、知らなかったは言い訳。生徒に信頼されてないから、報告や訴えが無かったから「知ることができなかった」が真実です。
 教師が当然しなければならない義務を標語にしたのに・・・
なぜなのか、理解できませんでした。せめて「急な話ですので、即答はできません」ぐらいの言葉がほしかったと思いました。しかし、今回、千葉県はきちんと「いじめ問題」を深刻に捉えているのが良くわかりました。ありがとうございます。
提案した、教育員会、学校長、子供たちの講演の事も、真剣にどうしたらいいか考えますと言われました。
いじめ問題だけでなく、教育問題も真剣に考えている千葉県。 頑張って下さい。

千葉県記者クラブ

千葉県のマスコミの皆さまは優秀で感謝のかぎりです。ただ、心残りは、実体験を中抜きで話したことです。ごめんなさい。次の埼玉には、道も混んでいて遅れて着きました。中抜きで話をしなければ、15分は完全に遅れたはずです。1日3県を回るハードスケジュールを組んだ私の責任です。合わせてごめんなさい。けれど、中抜きの話でも涙して聞いて下さった方がいました。今度は、ゆとりを持って伺いたいと思います。ありがとうございました。

埼玉県教育委員会 10月24日 13時

教育委員会の方たちはとても親切でした。

埼玉県記者クラブ
マスコミの方たちはとても立派でした。


群馬県教育委員会 10月24日  16時


 教育長が対応していただきました。いじめ問題においては、前年小6の女子生徒の、いじめ自殺の事もあり、深刻に受け止めておられました。教育長の言われた言葉で印象に残ったのは「そのために歪んでいる」その言葉に感銘しました。今、いじめを受けたために心を病んで学校に行けなくなった生徒を適応障害。いじめに遭って落着きがなくなった生徒を多動症。不登校、自殺、そう考えたときに「そのために歪んでいる」その原因を考えたとき、教育長として、その言葉でしか伝える術が無かった教育長。今の仕組みの中で、「教師がいじめをいじめと捉えないために、いじめが深刻になっていった。3年の2学期からは恐喝は悪質であった。その、いじめから永久に逃れるために自殺した」という息子の裁判の認定の域に教育長は達したのでは、と思いました。教育長は標語を見てうなずかれていました。当然、教師が守らなければならない義務。しかし、その事は文部科学省が逆の事をさせていました。たとえば、いじめはいじめと捉えない、いじめは無かったことにする。学校はそれを守ってきました。いじめを無かった事にすれば、被害者は思い悩む、いじめはエスカレートする。いじめが深刻になって、小6の女子生徒は、いじめから永久に逃れる手段として自殺したのです。個人の推測ですが、教育長は何かを、悟られている感じがしました。それが「歪んでいる」とい言葉になったのではないでしょうか。教育長が直々に、いじめ被害者の会の代表を迎えてくれた、教育長の潔さ、心の強さを感じました。
教育長、大変ですが、子供たちを守るためにお互い頑張っていきましょう。国を信じてください。行政を信じて下さい。正しい所に国、政府は向かうと言っています。

群馬県記者クラブ

多くの報道の方々に集まっていただき、ありがとうございました。
実体験の話を聞いてくれた千葉。短い時間だったので、さわりだけしか、話せなかった埼玉。そのあとの私の説明は良く理解してくださったようです。しかし、群馬は話をさせてくれませんでした。理解できない何人かの記者から、何度も電話がありました。実体験の話を聞けば、いじめの深刻さは、わかります。喝


全国いじめ被害者の会 関連出版物
”いじめは止められる!”わが子を死なせないための「安心の処方箋」「全国いじめ被害者の会」大澤会長著 発行:エビデンス社 発売:創英社・三省堂書店 1575円
「全国いじめ被害者の会」
大澤秀明 著

NPO全国いじめ被害者の会
▼携帯サイト▼
全国の被害者への個別支援活動
10.11.12:いじめで苦しむお子さんの支援の為千葉県旭市へ
07.10.25:鹿児島中学校長セクハラ事件に対して

ネ・イシヤ、ホシ酘・
12.02.21:大分県教育員会へ要望書提出しました
11.12.02:岐阜県・滋賀県教育委員会に要望書提出しました
11.12.01:三重県・愛知県教育委員会に要望書提出しました
11.11.30:和歌山県・奈良県教育委員会に要望書提出しました
11.11.29:岡山県・兵庫県教育委員会に要望書提出しました
11.11.28:山口県・広島県教育委員会へ要望書提出しました
11.11.24:教育委員会に要望書を提出する日程
11.11.02:京都府・大阪府・堺市教育委員会に要望書を提出しました
11.11.01:石川県・福井県教育委員会に要望書を提出しました
11.10.31:新潟県・富山県に要望書提出しました
11.10.28:北海道教育員会に要望書提出しました
11.10.27:秋田県、岩手県、青森県教育委員会に要望書提出しました
11.10.26:宮城県・山形県教育委員会へ要望書提出しました
11.10.26:教育委員会に行く日程
11.10.25:栃木県、福島県教育委員会に要望書を提出しました。
11.10.24:千葉県、埼玉、群馬、教育委員会に要望書提出しました。
11.10.21:文科省、各政党、東京都教育委員会に要望書提出しました
11.10.19:文科省と各政党、教育委員会へ 日程
11.10.18:文科省と各政党に標語提出
11.10.17:文部科学省と各政党に要望書を提出
11.09.30:なぜ伝わらない「いじめの真実」
11.09.29:いじめられているのに「いじめは無かった」
11.09.28:いじめの歴史
11.08.09:文部科学省 と対談
11.08.01:A文部科学省 とB全国いじめ被害者の会の意見の違い 
11.08.01:B 文部科学省 初等中等局 児童生徒課より来たファックスの返信
11.08.01:A 文部科学省 初等中等局 児童生徒課よりファックスが来ました
11.08.01:いじめを無くすための今後の課題
11.03.08:文科省に行き講演の確認といじめを無くす為の話に行きました。
10.05.07:いじめ問題懇談会(国会内集会)のお知らせ
09.12.12:大澤代表、いじめで苦しむ子の為に千葉県へ
09.03.07:文部科学省への要望書08年12月1日
09.02.20:学校でのいじめとは(3)
09.02.14:学校でのいじめとは(2)
09.02.05:学校のいじめとは(1)
09.01.24:日本の学校のいじめは国家犯罪
96.01.22:”息子が受けたいじめと安全配慮義務の必要性” (大澤秀明 会代表)

全国いじめ被害者の会 活動報告
11.02.08:文科省よりお招き頂き、各地のいじめの実情をお伝えしました。
11.01.14:民主党大山議員と、いじめ隠蔽是正、今後の方法論を討議
10.12.17:議事堂内、文科省内にていじめ隠蔽是正の為陳情
10.11.25:民主党 文部科学委員会 大山議員と面談
10.11.12:内閣府大臣政務官 阿久津議員と大澤代表がいじめ問題について面談
10.02.03:2月2・3日、各政党へ
10.01.19:文部科学省、各政党へ会員と共に申し入れ
07.06.06:全国行脚結果を元に再度「安全配慮義務徹底」の申し入れ
07.05.01:沖縄県教育委員会
07.04.27:岡山県教育委員会
07.04.27:広島県教育委員会
07.04.27:山口県教育委員会
07.04.25:鳥取県教育委員会
07.04.25:島根県教育委員会
07.04.24:石川県教育委員会
07.04.24:福井県教育委員会
07.04.24:富山県教育委員会
07.04.23:新潟県教育委員会
07.04.23:長野県教育委員会
07.04.20:北海道教育委員会
07.04.19:青森県教育委員会
07.04.18:岩手県教育委員会
07.04.18:秋田県教育委員会
07.04.17:山形県教育委員会
07.04.17:宮城県教育委員会
07.04.17:福島県教育委員会
07.04.17:群馬県教育委員会
07.04.16:栃木県教育委員会
07.04.13:神奈川県教育委員会
07.04.13:東京都教育委員会
07.04.12:埼玉県教育委員会
07.04.12:山梨県教育委員会
07.04.11:静岡県教育委員会
07.04.11:愛知県教育委員会
07.04.10:岐阜県教育委員会
07.04.10:滋賀県教育委員会
07.04.10:京都府教育委員会
07.04.09:兵庫県教育委員会私学課
07.04.09:兵庫県教育委員会
07.04.09:大阪府教育委員会
07.04.09:堺市教育委員会
07.04.06:三重県教育委員会
07.04.06:和歌山県教育委員会
07.04.06:奈良県教育委員会
07.04.05:徳島県教育委員会
07.04.05:香川県教育委員会
07.04.04:高知県教育委員会
07.04.02:愛媛県教育委員会
07.04.02:鹿児島県教育委員会
07.04.02:宮崎県教育委員会
07.03.19:大分県教育委員会
07.03.19:福岡県教育委員会
07.03.16:茨城県教育委員会
07.03.16:文部科学省申し入れ書提出~各党へ陳情。16日千葉教育委員会へ

WEB/携帯サイト・システム開発なら
nuclear-records.tv 翻訳ボランティア募集
いじめで深刻な状態にある方は、『全国いじめ被害者の会』にご連絡ください。
「全国いじめ被害者の会」〒876-0845 大分県佐伯市内町2-30 代表:大澤秀明 電話&FAX: 0972-23-8372

『全国いじめ被害者の会』は、全国のいじめに苦しむ生徒・保護者の為に、被害者への支援だけでなく、文科省、各政党、各地教育委員会へ、
生徒・保護者の権利を守る為の陳情活動などを、全国のマスコミ・被害者・支援者の方々の暖かいご協力と共に精力的に行なってます。
当サイト掲載の文章及び画像等すべての著作権は、”全国いじめ被害者の会”に帰属し無断転用を硬く禁じます。
  トップページ | 署名のお願い | 安全配慮義務署名PDF | 個人情報の取扱いについて Copyright (C) 2017 IZIME-HIGAISHA.NET All rights reserved.