NPO法人 全国いじめ被害者の会|北海道教育員会に要望書提出しました.

全国いじめ被害者の会プレスリリース
12.04.21:韓日 校内暴力の対策の為の協力プロジェクトに、大沢代表が参加
10.12.16:明日17日、文部科学省へ陳情
10.12.12:新潟でいじめ裁判支援、秋田で講演そして文科省大臣への陳情に向けて
10.05.18:衆議院会館会議室にて懇親会
10.03.22:3月23日、日テレ『スッキリ』で全国いじめ被害者の会の取材が放送予定
08.09.16:9月16日、福岡県県庁にて「全国いじめ被害者の会」NPO結成記者会見
07.12.10:北海道北広島市立東部中いじめ不登校問題で会代表が北海道へ
07.11.26:京都府議会に大澤代表が出席
07.07.07:7月7日(土)と8日(日曜)、広島でいじめ問題の講演を行ないます。
07.04.29:名古屋いじめシンポジウム出演
07.03.31:各県教育委員会への『安全配慮義務の徹底』申し入れ書提出日程

取材報道
08.09.15:【角川WEBマガジン】に、大澤秀明会代表へのインタビュー記事が掲載されました。
07.08.09:新BSディベート「いじめとどう闘うか」 被害者の会代表が出演
毎日新聞 岐阜講演08.01.22
京都新聞電子版 07.11.26
産経新聞WEB 07.07.03
[動画]日テレNEWS24
[動画]リアルタイム西日本放送
福島中央テレビ
07.03.16:共産党HPに記載頂きました。
[動画]IBC岩手放送
いじめ自殺を止めろ~インターネットラジオで緊急生放送
他大変多数取材協力頂いております。リンク張れず申し訳有りません。 これからも全国のお子さんの為にご協力の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

全国いじめ被害者の会	ご案内
財団法人 大阪府人権協会
大澤代表インタビュー

10.06.07:講演先からの多数の暖かいお便りが届いています。
07.05.03:いじめ深刻化を食い止める”安全配慮義務徹底”署名のお願い
07.04.02:大澤秀明代表ご案内
ご紹介

内申書廃止を![いじめ駆け込み寺 いじめに負けない!]


柚子 夏香さんのホームページ

長野県丸子実業高校一年生、高山裕太君の自殺事件


▼ リンクをお願いします ▼
バナー画像
全国いじめ被害者の会

YAHOOカテゴリ
トップ > 教育 > 小中高 > いじめ、不登校 > 団体
NPO法人 全国いじめ被害者の会  2006年10月29日設立
 1996年福岡県の久留米市で、いじめによって自殺した中学生の息子さんの親御さんである大沢秀明さんが代表を勤める。 会員はいじめ被害を受けている親御さんを中心に全国から500名を超えます。大沢代表は、2007年3月16日の千葉県をはじめとして沖縄県までの全国47都道府県教育委員会対し『安全配慮義務の徹底』と、『いじめ不登校・いじめ自殺根絶』を願う”申し入れ書”の陳情活動を行ないました。本来学校にも課せられているが一般に認知されて居ない『教育現場での安全配慮義務』が徹底され、各地・各学校でしっかりと機能すれば、助かる命・心が多く存在します。 被害者だけでなく加害者側の保護者の知る権利・しつけの機会も守るこの『安全配慮義務』の徹底を願う署名に1人でも多くご協力下さい。いじめ被害者の方、教育改革を望まれる方は、マスコミの皆さんからの注目も集めている『全国いじめ被害者の会』の活動に奮ってご賛同・ご協力の程宜しくお願い致します。
いじめで深刻な状態にある方は、『NPO法人 全国いじめ被害者の会』にご連絡ください。
〒876-0845 大分県佐伯市内町2-30 代表:大澤秀明 電話&FAX: 0972-23-8372 info@izime-higaisha.net
当会では、これまで多額の自費(大澤秀明理事長)を投じて会の活動を行なっております。
皆様からの募金協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
【募金御振込み先】
口座番号:大分銀行 佐伯支店 普通預金 5383636
口座名義:特定非営利活動法人 全国いじめ被害者の会 理事長 大澤秀明
北海道教育員会に要望書提出しました
2011年10月28日     
[北海道教育委員会] 10月28日 11時

 私の子供のころは、加害生徒がいたら先生は加害者を教室の中で起立させて、ダメ、許されない事と叱って措置をしました。いじめた生徒は、許されない事だとわかるし、いじめられた生徒は、自分は悪くない、回りの生徒は、いじめた加害者が悪いから、叱られる、先生に訴えれば、報告すれば助けてもらえる、友達を救えることがわかります。先生は生徒を守るから、訴えや報告があるので、いじめを知る事ができます。
学校教育法が昭和22年にできて昭和55年くらいまでは、いじめに気が付かなかった、知らなかったという先生はいませんでした。いじめ不登校、いじめ自殺者はでませんでした。そもそも、いじめ不登校、いじめ自殺という言葉はありませんでした。それは、歴史が物語っていると教育委員会に説明しているにもかかわらず、アンケート調査しているとか、被害者を守るとか、北海道教育委員会は話が理解できないようです。これまでにも、教育委員会に学校教育法11,35条は、いじめられた生徒を守るために作られたのではありません。加害生徒を普通の人間、人に迷惑をかけないように、加害行為は許されないことを教える。それが、学校教育法にある「教師は教育をつかさどる」人格の形成、人の模範になるような人を育てる。それが、教育です。知識や技能だけが教育ではありません。
しかし、性行不良の生徒、授業の妨げなどする生徒には、更生の為、普通の人に育て上げるために11条懲戒、処分35条出席停止が作られました。しかし、昭和55年くらいまでは、11,35条は行使する必要がありませんでした。いじめがあれば、初めに書いたように、教室の中で起立させ叱って善悪を教えて、加害行為を止めていたので、いじめは深刻になりませんでした。今現在は逆で、先生はいじめとわかっていながら、いじめをいじめと捉えない、いじめの訴えがあっても喧嘩にすり替わります。死ね、うざいなどの暴言はトラブルになり、いじめはなくなります。双方に「仲良くしなさい」で終わります。いじめは学校に存在しなくなります。
息子の裁判の認定では、入学式の日から2年10ヶ月、教師がいじめをいじめと捉えないために、いじめは深刻になっていった・・・。いじめが深刻になるのは、教師がいじめと捉えないためと、安全配慮義務違反の判決は全て出ています。北海道教育委員会はアンケート調査をしているなどと言い、私を怒らせたが、昭和50年代までは教師が生徒を守っていたので、生徒は安心して訴えたり、報告していたので、アンケート調査、早期発見の手引はありませんでした。これも、歴史が物語っています。消防、警察が火災、事件、事故を「発見」などしません。通報や訴えです。信頼関係です。いじめを喧嘩、トラブルとして、いじめを無かったことにしたり、いじめを訴えても調べもしません。いじめをいじめと捉えない、そんなことをして、生徒が先生を信頼するはずがありません。真実は、先生に報告させない、訴えないように文部科学省が故意にさせてきました。
しかし、この1年文科省と真剣に議論してきました。そこで、見えてきたのは、いじめを無かった事にしたら、教育はできない。手短な所で、いじめ自殺した生徒の保護者を癒すことを考えるより、いじめを深刻化さなければ、いじめ自殺者は出ない。この議論をしたのは、2月8日。文部科学省から呼び出しがあって、上京したときです。3月8日に上京して、いじめを無くす為の話し合いをしました。
その後、私が完成した「いじめを無くす為の今後の課題」その中には、いじめを喧嘩トラブルとして無かったことにしてきたこと。平成18年~平成19年、教育再生会議、いじめを無かった事にしてきたために出た被害者。それを、ホローするためにできたカウンセリング、ソーシャルワーカー、支援スクール、適応指導教室「国費の無駄使い」を書いたものを文科省に送った所、不登校生徒の数、適応指導教室に通う生徒数は訂正の返信がありました。訂正の箇所を除けば、指摘したとおりということを証明したことになります。これが、6月のことです。文科省が本気だということをここで感じました。民主党は常に文科省との橋渡しを骨惜しみなくしていただきました。
さらに、8月9日上京してのつめ、そこで、標語の元はできました。完成したのは、10月の初旬。文科省で政務官の城井先生を真ん中に、標語を持った写真がそれです。国会議事堂の中での写真を見ればわかるとおり、先生方は晴れやかな顔をしています。文科省も与党民主党も真剣に深刻ないじめを無くすことを約束してくれました。
しかしです。今までに回った教育員会は歯切れが悪かった。議会にかけてから、検討してから、上に報告してから。上に報告してからはわかります。けれど、学校教育法で決められている事を、なぜ検討するのか、議会にかけるのか。北海道で12ヶ所目です。出発する前から教育委員会の考え方はわかると回りに話してはいたが、教育委委員会はおそらく、生徒を守るために動かない。国民が「教師がするべき義務」を知ること。そのためには、日本全国に標語を掲示する。公共施設に掲示するところがあります。子供を守ることだから、反対はしないはずです。もし、管理者が何か言ったら理由を聞きましょう。広く国民が教育とはなにか、11条、35条はなぜ、作られたのかを正しく理解しましょう。
前日は秋田、岩手、青森と強行軍。記者会見が終わり着替えをしたら午後6時、フェリーに乗り札幌に着いたのが10月28日午前5時。札幌の午前4時~午前5時くらいは1度で非常に寒かったです。身体は燃えているので、寒さは応えなかったが疲れはピーク。北海道教育委員会の対応は普通。後で気が付いたことですが、京都に提出する要望書を間違えて渡しました。
ごめんなさい。月曜日にファックスで送ります。

[北海道記者クラブ]

いつものように、温かく迎えていただきました。ありがとうございました。


全国いじめ被害者の会 関連出版物
”いじめは止められる!”わが子を死なせないための「安心の処方箋」「全国いじめ被害者の会」大澤会長著 発行:エビデンス社 発売:創英社・三省堂書店 1575円
「全国いじめ被害者の会」
大澤秀明 著

NPO全国いじめ被害者の会
▼携帯サイト▼
全国の被害者への個別支援活動
10.11.12:いじめで苦しむお子さんの支援の為千葉県旭市へ
07.10.25:鹿児島中学校長セクハラ事件に対して

ネ・イシヤ、ホシ酘・
12.02.21:大分県教育員会へ要望書提出しました
11.12.02:岐阜県・滋賀県教育委員会に要望書提出しました
11.12.01:三重県・愛知県教育委員会に要望書提出しました
11.11.30:和歌山県・奈良県教育委員会に要望書提出しました
11.11.29:岡山県・兵庫県教育委員会に要望書提出しました
11.11.28:山口県・広島県教育委員会へ要望書提出しました
11.11.24:教育委員会に要望書を提出する日程
11.11.02:京都府・大阪府・堺市教育委員会に要望書を提出しました
11.11.01:石川県・福井県教育委員会に要望書を提出しました
11.10.31:新潟県・富山県に要望書提出しました
11.10.28:北海道教育員会に要望書提出しました
11.10.27:秋田県、岩手県、青森県教育委員会に要望書提出しました
11.10.26:宮城県・山形県教育委員会へ要望書提出しました
11.10.26:教育委員会に行く日程
11.10.25:栃木県、福島県教育委員会に要望書を提出しました。
11.10.24:千葉県、埼玉、群馬、教育委員会に要望書提出しました。
11.10.21:文科省、各政党、東京都教育委員会に要望書提出しました
11.10.19:文科省と各政党、教育委員会へ 日程
11.10.18:文科省と各政党に標語提出
11.10.17:文部科学省と各政党に要望書を提出
11.09.30:なぜ伝わらない「いじめの真実」
11.09.29:いじめられているのに「いじめは無かった」
11.09.28:いじめの歴史
11.08.09:文部科学省 と対談
11.08.01:A文部科学省 とB全国いじめ被害者の会の意見の違い 
11.08.01:B 文部科学省 初等中等局 児童生徒課より来たファックスの返信
11.08.01:A 文部科学省 初等中等局 児童生徒課よりファックスが来ました
11.08.01:いじめを無くすための今後の課題
11.03.08:文科省に行き講演の確認といじめを無くす為の話に行きました。
10.05.07:いじめ問題懇談会(国会内集会)のお知らせ
09.12.12:大澤代表、いじめで苦しむ子の為に千葉県へ
09.03.07:文部科学省への要望書08年12月1日
09.02.20:学校でのいじめとは(3)
09.02.14:学校でのいじめとは(2)
09.02.05:学校のいじめとは(1)
09.01.24:日本の学校のいじめは国家犯罪
96.01.22:”息子が受けたいじめと安全配慮義務の必要性” (大澤秀明 会代表)

全国いじめ被害者の会 活動報告
11.02.08:文科省よりお招き頂き、各地のいじめの実情をお伝えしました。
11.01.14:民主党大山議員と、いじめ隠蔽是正、今後の方法論を討議
10.12.17:議事堂内、文科省内にていじめ隠蔽是正の為陳情
10.11.25:民主党 文部科学委員会 大山議員と面談
10.11.12:内閣府大臣政務官 阿久津議員と大澤代表がいじめ問題について面談
10.02.03:2月2・3日、各政党へ
10.01.19:文部科学省、各政党へ会員と共に申し入れ
07.06.06:全国行脚結果を元に再度「安全配慮義務徹底」の申し入れ
07.05.01:沖縄県教育委員会
07.04.27:岡山県教育委員会
07.04.27:広島県教育委員会
07.04.27:山口県教育委員会
07.04.25:鳥取県教育委員会
07.04.25:島根県教育委員会
07.04.24:石川県教育委員会
07.04.24:福井県教育委員会
07.04.24:富山県教育委員会
07.04.23:新潟県教育委員会
07.04.23:長野県教育委員会
07.04.20:北海道教育委員会
07.04.19:青森県教育委員会
07.04.18:岩手県教育委員会
07.04.18:秋田県教育委員会
07.04.17:山形県教育委員会
07.04.17:宮城県教育委員会
07.04.17:福島県教育委員会
07.04.17:群馬県教育委員会
07.04.16:栃木県教育委員会
07.04.13:神奈川県教育委員会
07.04.13:東京都教育委員会
07.04.12:埼玉県教育委員会
07.04.12:山梨県教育委員会
07.04.11:静岡県教育委員会
07.04.11:愛知県教育委員会
07.04.10:岐阜県教育委員会
07.04.10:滋賀県教育委員会
07.04.10:京都府教育委員会
07.04.09:兵庫県教育委員会私学課
07.04.09:兵庫県教育委員会
07.04.09:大阪府教育委員会
07.04.09:堺市教育委員会
07.04.06:三重県教育委員会
07.04.06:和歌山県教育委員会
07.04.06:奈良県教育委員会
07.04.05:徳島県教育委員会
07.04.05:香川県教育委員会
07.04.04:高知県教育委員会
07.04.02:愛媛県教育委員会
07.04.02:鹿児島県教育委員会
07.04.02:宮崎県教育委員会
07.03.19:大分県教育委員会
07.03.19:福岡県教育委員会
07.03.16:茨城県教育委員会
07.03.16:文部科学省申し入れ書提出~各党へ陳情。16日千葉教育委員会へ

WEB/携帯サイト・システム開発なら
nuclear-records.tv 翻訳ボランティア募集
いじめで深刻な状態にある方は、『全国いじめ被害者の会』にご連絡ください。
「全国いじめ被害者の会」〒876-0845 大分県佐伯市内町2-30 代表:大澤秀明 電話&FAX: 0972-23-8372

『全国いじめ被害者の会』は、全国のいじめに苦しむ生徒・保護者の為に、被害者への支援だけでなく、文科省、各政党、各地教育委員会へ、
生徒・保護者の権利を守る為の陳情活動などを、全国のマスコミ・被害者・支援者の方々の暖かいご協力と共に精力的に行なってます。
当サイト掲載の文章及び画像等すべての著作権は、”全国いじめ被害者の会”に帰属し無断転用を硬く禁じます。
  トップページ | 署名のお願い | 安全配慮義務署名PDF | 個人情報の取扱いについて Copyright (C) 2017 IZIME-HIGAISHA.NET All rights reserved.