NPO法人 全国いじめ被害者の会|日本の学校のいじめは国家犯罪.

全国いじめ被害者の会プレスリリース
12.04.21:韓日 校内暴力の対策の為の協力プロジェクトに、大沢代表が参加
10.12.16:明日17日、文部科学省へ陳情
10.12.12:新潟でいじめ裁判支援、秋田で講演そして文科省大臣への陳情に向けて
10.05.18:衆議院会館会議室にて懇親会
10.03.22:3月23日、日テレ『スッキリ』で全国いじめ被害者の会の取材が放送予定
08.09.16:9月16日、福岡県県庁にて「全国いじめ被害者の会」NPO結成記者会見
07.12.10:北海道北広島市立東部中いじめ不登校問題で会代表が北海道へ
07.11.26:京都府議会に大澤代表が出席
07.07.07:7月7日(土)と8日(日曜)、広島でいじめ問題の講演を行ないます。
07.04.29:名古屋いじめシンポジウム出演
07.03.31:各県教育委員会への『安全配慮義務の徹底』申し入れ書提出日程

取材報道
08.09.15:【角川WEBマガジン】に、大澤秀明会代表へのインタビュー記事が掲載されました。
07.08.09:新BSディベート「いじめとどう闘うか」 被害者の会代表が出演
毎日新聞 岐阜講演08.01.22
京都新聞電子版 07.11.26
産経新聞WEB 07.07.03
[動画]日テレNEWS24
[動画]リアルタイム西日本放送
福島中央テレビ
07.03.16:共産党HPに記載頂きました。
[動画]IBC岩手放送
いじめ自殺を止めろ~インターネットラジオで緊急生放送
他大変多数取材協力頂いております。リンク張れず申し訳有りません。 これからも全国のお子さんの為にご協力の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

全国いじめ被害者の会	ご案内
財団法人 大阪府人権協会
大澤代表インタビュー

10.06.07:講演先からの多数の暖かいお便りが届いています。
07.05.03:いじめ深刻化を食い止める”安全配慮義務徹底”署名のお願い
07.04.02:大澤秀明代表ご案内
ご紹介

内申書廃止を![いじめ駆け込み寺 いじめに負けない!]


柚子 夏香さんのホームページ

長野県丸子実業高校一年生、高山裕太君の自殺事件


▼ リンクをお願いします ▼
バナー画像
全国いじめ被害者の会

YAHOOカテゴリ
トップ > 教育 > 小中高 > いじめ、不登校 > 団体
NPO法人 全国いじめ被害者の会  2006年10月29日設立
 1996年福岡県の久留米市で、いじめによって自殺した中学生の息子さんの親御さんである大沢秀明さんが代表を勤める。 会員はいじめ被害を受けている親御さんを中心に全国から500名を超えます。大沢代表は、2007年3月16日の千葉県をはじめとして沖縄県までの全国47都道府県教育委員会対し『安全配慮義務の徹底』と、『いじめ不登校・いじめ自殺根絶』を願う”申し入れ書”の陳情活動を行ないました。本来学校にも課せられているが一般に認知されて居ない『教育現場での安全配慮義務』が徹底され、各地・各学校でしっかりと機能すれば、助かる命・心が多く存在します。 被害者だけでなく加害者側の保護者の知る権利・しつけの機会も守るこの『安全配慮義務』の徹底を願う署名に1人でも多くご協力下さい。いじめ被害者の方、教育改革を望まれる方は、マスコミの皆さんからの注目も集めている『全国いじめ被害者の会』の活動に奮ってご賛同・ご協力の程宜しくお願い致します。
いじめで深刻な状態にある方は、『NPO法人 全国いじめ被害者の会』にご連絡ください。
〒876-0845 大分県佐伯市内町2-30 代表:大澤秀明 電話&FAX: 0972-23-8372 info@izime-higaisha.net
当会では、これまで多額の自費(大澤秀明理事長)を投じて会の活動を行なっております。
皆様からの募金協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
【募金御振込み先】
口座番号:大分銀行 佐伯支店 普通預金 5383636
口座名義:特定非営利活動法人 全国いじめ被害者の会 理事長 大澤秀明
日本の学校のいじめは国家犯罪
2009年01月24日     
NPO法人「全国いじめ被害者の会」が、ここまで来れたのは皆様方のご協力と応援のお陰と感謝しております。
この2年余り、いじめの実態を知るために多忙を極めた為、水町さんの好意に甘え、すべてのホームページは水町さんに情報を伝えて、作成してもらっていました。ただ、一部47都道府県を回った時と講演のドキュメントは、そのまま私の文章です。
今後は私の思いをそのままこのホームページに書きます。すべてがドキュメントです。
今までの経過と今後の計画をお知らせします。


平成18年10月29日に「全国いじめ被害者の会」を立ち上げ2日後の31日に安全配慮義務の徹底を文部科学省に申し入れを出しました。
11月10日47都道府県の教育委員会に通達したと文部科学省からファックスがありました。
平成19年になって全国の会員が調べた結果、教育委員会に安全配慮義務の徹底の通知が届いた形跡がないので3月15日に文部科学省に安全配慮義務の徹底を再度申し入れました。その後、各政党を回り、翌3月16日から千葉県を皮切りに北海道から沖縄まで全国47都道府県を安全配慮義務の徹底を訴え回りました。しかし教育委員会の課長クラスでさえ安全配慮義務を知りませんでした。もっと驚いた事は通知が来た事さえ知らない教育委員会があったことです。
 平成19年は主に大人を対象に講演をしました。
平成20年は学校の講演を多くしました。学校に行ったら校長に「安全配慮義務の通達は来ていますか」とまず聞きます。当然のように校長は「来ていません」と言います。安全配慮義務の内容の事を聞いても知りません。教育委員会が知らないのだから当然と言えば当然のことですが。
平成20年の最後の講演は11月15日の愛媛県の大正院中学校でした。今まで行った学校への安全配慮義務通達は100パーセント来ていませんでした。
 平成20年12月文部科学省と各政党に「教育振興基本計画に安全配慮義務の周知徹底を盛り込む事」などを書いた要望書を北海道から沖縄まで全国の会員の人達や被害者の子供達と持っていきました。数日後自民党からファックスが届きました。馳文部科学部会会長は、教育委員会から学校に子供への安全配慮義務を徹底させるとありました。自民党がやっと動き始めたと喜んだ私は、会員の一部の皆様に成果が上がった事、喜びを伝えました。12月21日馳文部科学部会会長から書類が送って来ました。「先日約束したように本日文部科学部会、教育制度委員会合同会議を開催し~」に始まった文章の中には『通達を出しても学校現場がきちんと対応しなくては意味がない』と言う事を公の会議の場で改めて文部科学省にも確認しました。と言う驚くべき回答が来ました。馳文部科学部会会長は安全配慮義務が学校に通達が届いていないのを知りながら《文部科学大臣が出席した場で教員の安全配慮義務について説明を聴取した上「通達を出しても学校現場がきちんと対応しなくては意味がない」と言う事を公式の場で改めて文部化学省に確認しました》とあります。文部科学省は学校に安全配慮義務の通達を出そうとも思っていません。その上、文部科学省、自民党は「学校が守らなければ」と管理責任はそっちのけで、その責任を学校にすり替えています。しかし、どうして政府は、文科省は先生達に安全配慮義務を守らせないばかりか教えようともしないのでしょう。安全配慮義務の一番大事なところは①いじめを止めてくれると言う事です。いじめられた生徒が助かったと思うのは、先生がいじめを止めてくれる事です。
いじめた生徒だけを駄目、許されない事と「措置」する事です。ところが、学校ではお互い「仲良くしなさいと「指導」します。仲良くしなさいの「指導」ではいじめは止まらないばかりかチクッたといじめはより酷くなるので訴えなくなります。警察が事件、事故を知らせるのは100%近くが訴えや通報です。いじめも生徒からの訴えや他の生徒からの知らせが大事なのです。
市民が警察を信用しなくなったら、訴えたり通報はしなくなるでしょう。今の学校は生徒が先生を信頼しなくなっていて、いじめを訴えなくなったのです。そこで、文科省が考えたのが、早期発見です。子供達が「いじめ」を訴えても無駄という事を散々しておいて早期発見です。今、現在いじめられている
生徒が一番困っているのは、いじめがなかった事にされることです。いじめがなかった事になれば先生、学校の管理者である教育委員会、誰もが責任を取らなくて済みます。1999年から2006年までの7年間でいじめ自殺者ゼロと発表した文部科学省は責任逃れのためです。(秀猛が自殺した前年平成7年いじめ自殺者22人)
今まで説明した事でおわかりになったと思いますが、文科省はいじめは無かったことにして責任を取らないで済む方法、先生の信頼を失わせていじめを訴えてこなくする方法を先生に教えてきました。文科省、国は責任逃れのために「仲良くしなさい」の指導、いじめを見て見ぬふりをしておいてもっともらしく、早期発見と国民をだまして来たという事です。おまけに保護者には伝えません。
 私はこの2年あまり、いじめ問題で、文部科学省、各政党に申し入れ、要望書を出し、47都道府県の教育委員会を回り、テレビ、ラジオ、新聞はもとより京都府議会の参考人をして答えたり、講演をしました。教育委員会の依頼で大分では平成20年4月、市町村の教育委員会、校長会の講演をしました。
教育委員会、校長会の講演ともに大きな拍手が鳴り止みませんでした。
いじめの実態をここまで知ることや、日本全国の教育委員会、文部科学省、各政党の事を調べるのに2年かかりました。文部科学省が法律違反している事もわかり、この後は国に請願書を出します。今年はきっちり決着をつけます。

 これからのホームページの書き込み予定
☆日本の学校のいじめは国家犯罪
 アメリカからのいじめ対応ファックス
☆国民にいじめの実態がなぜ伝わらないのか、報道規制
☆いじめ裁判の実態、自殺の予見可能性
☆2008年12月1日 文部科学省、各政党へ出した要望書
☆自民党のファックス、その後12月21日に封書で来た自民党の返答
☆いじめ自殺、学校は予測できる。親はどうして気がつかないのか。



いじめの相談は、代表 大沢秀明が電話、ファックスで直接受けています。希望によっては学校、教育委員会に代理で交渉します。場合によっては、学校、教育委員会、文部科学省、各政党に直談判に行きます。あなたの家に行きます。講演依頼は早めにお願いします。

全国いじめ被害者の会 関連出版物
”いじめは止められる!”わが子を死なせないための「安心の処方箋」「全国いじめ被害者の会」大澤会長著 発行:エビデンス社 発売:創英社・三省堂書店 1575円
「全国いじめ被害者の会」
大澤秀明 著

NPO全国いじめ被害者の会
▼携帯サイト▼
全国の被害者への個別支援活動
10.11.12:いじめで苦しむお子さんの支援の為千葉県旭市へ
07.10.25:鹿児島中学校長セクハラ事件に対して

ネ・イシヤ、ホシ酘・
12.02.21:大分県教育員会へ要望書提出しました
11.12.02:岐阜県・滋賀県教育委員会に要望書提出しました
11.12.01:三重県・愛知県教育委員会に要望書提出しました
11.11.30:和歌山県・奈良県教育委員会に要望書提出しました
11.11.29:岡山県・兵庫県教育委員会に要望書提出しました
11.11.28:山口県・広島県教育委員会へ要望書提出しました
11.11.24:教育委員会に要望書を提出する日程
11.11.02:京都府・大阪府・堺市教育委員会に要望書を提出しました
11.11.01:石川県・福井県教育委員会に要望書を提出しました
11.10.31:新潟県・富山県に要望書提出しました
11.10.28:北海道教育員会に要望書提出しました
11.10.27:秋田県、岩手県、青森県教育委員会に要望書提出しました
11.10.26:宮城県・山形県教育委員会へ要望書提出しました
11.10.26:教育委員会に行く日程
11.10.25:栃木県、福島県教育委員会に要望書を提出しました。
11.10.24:千葉県、埼玉、群馬、教育委員会に要望書提出しました。
11.10.21:文科省、各政党、東京都教育委員会に要望書提出しました
11.10.19:文科省と各政党、教育委員会へ 日程
11.10.18:文科省と各政党に標語提出
11.10.17:文部科学省と各政党に要望書を提出
11.09.30:なぜ伝わらない「いじめの真実」
11.09.29:いじめられているのに「いじめは無かった」
11.09.28:いじめの歴史
11.08.09:文部科学省 と対談
11.08.01:A文部科学省 とB全国いじめ被害者の会の意見の違い 
11.08.01:B 文部科学省 初等中等局 児童生徒課より来たファックスの返信
11.08.01:A 文部科学省 初等中等局 児童生徒課よりファックスが来ました
11.08.01:いじめを無くすための今後の課題
11.03.08:文科省に行き講演の確認といじめを無くす為の話に行きました。
10.05.07:いじめ問題懇談会(国会内集会)のお知らせ
09.12.12:大澤代表、いじめで苦しむ子の為に千葉県へ
09.03.07:文部科学省への要望書08年12月1日
09.02.20:学校でのいじめとは(3)
09.02.14:学校でのいじめとは(2)
09.02.05:学校のいじめとは(1)
09.01.24:日本の学校のいじめは国家犯罪
96.01.22:”息子が受けたいじめと安全配慮義務の必要性” (大澤秀明 会代表)

全国いじめ被害者の会 活動報告
11.02.08:文科省よりお招き頂き、各地のいじめの実情をお伝えしました。
11.01.14:民主党大山議員と、いじめ隠蔽是正、今後の方法論を討議
10.12.17:議事堂内、文科省内にていじめ隠蔽是正の為陳情
10.11.25:民主党 文部科学委員会 大山議員と面談
10.11.12:内閣府大臣政務官 阿久津議員と大澤代表がいじめ問題について面談
10.02.03:2月2・3日、各政党へ
10.01.19:文部科学省、各政党へ会員と共に申し入れ
07.06.06:全国行脚結果を元に再度「安全配慮義務徹底」の申し入れ
07.05.01:沖縄県教育委員会
07.04.27:岡山県教育委員会
07.04.27:広島県教育委員会
07.04.27:山口県教育委員会
07.04.25:鳥取県教育委員会
07.04.25:島根県教育委員会
07.04.24:石川県教育委員会
07.04.24:福井県教育委員会
07.04.24:富山県教育委員会
07.04.23:新潟県教育委員会
07.04.23:長野県教育委員会
07.04.20:北海道教育委員会
07.04.19:青森県教育委員会
07.04.18:岩手県教育委員会
07.04.18:秋田県教育委員会
07.04.17:山形県教育委員会
07.04.17:宮城県教育委員会
07.04.17:福島県教育委員会
07.04.17:群馬県教育委員会
07.04.16:栃木県教育委員会
07.04.13:神奈川県教育委員会
07.04.13:東京都教育委員会
07.04.12:埼玉県教育委員会
07.04.12:山梨県教育委員会
07.04.11:静岡県教育委員会
07.04.11:愛知県教育委員会
07.04.10:岐阜県教育委員会
07.04.10:滋賀県教育委員会
07.04.10:京都府教育委員会
07.04.09:兵庫県教育委員会私学課
07.04.09:兵庫県教育委員会
07.04.09:大阪府教育委員会
07.04.09:堺市教育委員会
07.04.06:三重県教育委員会
07.04.06:和歌山県教育委員会
07.04.06:奈良県教育委員会
07.04.05:徳島県教育委員会
07.04.05:香川県教育委員会
07.04.04:高知県教育委員会
07.04.02:愛媛県教育委員会
07.04.02:鹿児島県教育委員会
07.04.02:宮崎県教育委員会
07.03.19:大分県教育委員会
07.03.19:福岡県教育委員会
07.03.16:茨城県教育委員会
07.03.16:文部科学省申し入れ書提出~各党へ陳情。16日千葉教育委員会へ

WEB/携帯サイト・システム開発なら
nuclear-records.tv 翻訳ボランティア募集
いじめで深刻な状態にある方は、『全国いじめ被害者の会』にご連絡ください。
「全国いじめ被害者の会」〒876-0845 大分県佐伯市内町2-30 代表:大澤秀明 電話&FAX: 0972-23-8372

『全国いじめ被害者の会』は、全国のいじめに苦しむ生徒・保護者の為に、被害者への支援だけでなく、文科省、各政党、各地教育委員会へ、
生徒・保護者の権利を守る為の陳情活動などを、全国のマスコミ・被害者・支援者の方々の暖かいご協力と共に精力的に行なってます。
当サイト掲載の文章及び画像等すべての著作権は、”全国いじめ被害者の会”に帰属し無断転用を硬く禁じます。
  トップページ | 署名のお願い | 安全配慮義務署名PDF | 個人情報の取扱いについて Copyright (C) 2017 IZIME-HIGAISHA.NET All rights reserved.